産後の痔について

///

///

産後の痔

産後,痔

産後の痔

なんとなく恥ずかしくて人には相談しにくい痔の悩みですが、産後に痔で悩んでいる人は意外と多いのです。それは、妊娠中は肛門の静脈が子宮に圧迫されることによってうっ血が起こり、内痔核ができやすくなるからです。また、妊娠中は便秘も起こしやすいため切れ痔やいぼ痔にもなりやすく、分娩時には強くいきむことによって脱肛を起こしてしまうこともあります。このように妊娠期間中はとても痔になりやすく、産後、トイレに行っていきむと出血が起こり驚いてしまうということも、体験談などを見てみるともよくあるようです。

産後の痔の悩みで多いのが、やはりお尻を拭くときなどの痛みや出血で、自分でできる対処方法として薬を塗ったり、ウォシュレットやシャワーで洗ったりしているようです。痔の対処としてお尻を清潔に保つことは何より大切で、不潔にしていると症状が悪化して完治まで長引かせてしまいます。

産後は肛門の静脈が圧迫されることも無くなり、適度な運動も生活に取り入れることができるようになるため、痔の症状は改善していくでしょう。しかし、産後1〜2ヶ月たっても痛みが強かったり、出血が続く場合には一度、専門医の診察を受けてみるといいでしょう。