乳腺炎になってらについて

///

///

乳腺炎になってしまったら

乳腺炎

産後、乳腺炎の悩みを抱えてしまう人も少なくありません。

産後に悩みはつきものですが、特に母乳に関しては赤ちゃんの成長を関係するので、不安も募ってしまいます。

母乳外来や行政で助産師さんとの面会を利用するなどの方法もありますが、自分でできる乳腺炎対策を簡単にまとめてみましょう。

重要なポイントは「頻回授乳」です。母乳を残したままにしておかないことが大切です。

赤ちゃんの飲み方によって残ってしまうようなら、搾乳します。自分で搾乳するのは慣れるまでは難しいので、搾乳器を利用するのもいいかもしれません。

次のポイントは「トラブルのあるおっぱいからの授乳」です。

乳腺炎でおっぱいが溜まった状態があると、母乳の味がかわるそうです。赤ちゃんがその味を嫌がることもあるので、赤ちゃんが母乳を欲しがったら、トラブルのあるおっぱいから飲ませるようにしましょう。

乳腺炎で痛みがひどい場合は「冷やす」です。炎症を起こしておっぱいが熱をもち、痛みを伴います。冷やすことで熱がひき、痛みも和らぎます。おっぱいを冷やすためのグッズもありますが、保冷剤やタオルなどを利用して冷やしてもいいでしょう。冷やしすぎは逆効果なので、優しく冷やせるものを使うようにしましょう。

産後は悩み事をなくすことも大切です。心を元気に保てるようにすることで、赤ちゃんもママも健やかに過ごすことができますよ。