産後の出血について

///

///

産後の出血

産後,出血

産後の出血

産後に起こる出血は悪露と呼ばれて、子宮の中に残っている異物を体外に排出したり、出産の時に付いた傷などから起こります。産後の出血が悪露であった場合はあまり心配することは無く、6週間〜8週間ほどで止まってくるのが普通です。産後1ヶ月の検診で子宮が順調に回復しているといわれたならば安心です。

悪露による出血は産後すぐには赤い色の血液ですが、次第に量も減り茶褐色に変化します。しかし、中にはいつまでもダラダラと出血が続くケースもあるようです。

ダラダラと続く出血の原因として子宮の収縮が悪いということが考えられます。だいたい、産後2〜3日が一番強く子宮が収縮し、1〜2ヶ月で子宮は妊娠前の状態へと戻るものです。そのため、2ヶ月以上も続く出血は悪露では無く何らかの出血があると考えるべきでしょう。

また、長引く出血の原因として考えられるものに、卵膜が残っていたり、ごく稀にですが胎盤の一部などが残っていたりということが考えられます。この場合には掻爬などの処置が必要になります。流れ出るような出血がある、大きな血の塊がでる、強い痛みがある、茶褐色にならず血液の赤みが強くなるなどの症状がある場合にはすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。