母乳が多い時のケアについて

///

///

母乳が多い時のケア

母乳,多い,ケア

母乳が多い時のケア

産後、母乳が出すぎることを悩みとしているママさんに、その対応策をご紹介します。

母乳が出すぎる場合、ママが辛いのはおっぱいの痛みです。場合によっては熱を持ってしまうこともあります。赤ちゃんと母乳の作られるタイミングが合ってくれば、多少は改善されるのですが、おっぱいが張ってしまって仕方ない時は、冷やすのがいいでしょう。おっぱいを冷やすための専用グッズもありますが、食品用の保冷剤で代用するママさんが多いようです。また、キャベツの葉やジャガイモで作った湿布が不思議と痛みや熱を和らげてくれるようです。

産後、母乳が多くて悩むママさんは、せっかく作られた母乳を捨ててしまうことも多くなります。そんな時に便利なのが、「搾乳器」や「母乳冷凍パック」です。搾乳する場合、手でするのは難しいですし、衛生的に心配なこともあります。搾乳器で効率的に搾乳して、その母乳を冷凍パックで保存すると、ママさんが体調を崩して母乳があげられない時などに役に立ちます。また、溜まった母乳をほっておくと、乳腺炎の原因にもなるので、産後に母乳が多いことを悩みとするママさんは、搾乳することが重要です。

母乳が多いママさんは、母乳を赤ちゃんにあげる前に少し搾乳してからあげるようにします。母乳の勢いが良すぎると、赤ちゃんが上手に飲めないので、飲んでほしいのに嫌がる状況を作ってしまいます。授乳の前にひと手間加えるようにしましょう。