乳腺炎とはについて

///

///

乳腺炎とは

乳腺炎とは

乳腺炎とは

乳腺炎とは、乳腺が炎症を起こす病気です。産後に乳腺炎で悩む方も多くいらっしゃるようです。

乳腺炎には種類があります。

「急性化膿性乳腺炎」授乳の時にできた乳首の傷から、細菌が侵入してトラブルになります。おっぱいの一部が硬くなって腫れるため強い痛みが伴います。ひどい場合は、膿が溜まり、リンパ節が腫れることもあります。また倦怠感や食欲不振、頭痛などがみられることもあるようです。

「停滞性乳腺炎」赤ちゃんの母乳の飲み方が少なかったり、授乳が不充分だったりすることで、母乳が溜まってしまうことで起きるトラブルです。前者とは異なり化膿することはないのですが、おっぱいが腫れて赤くなります。また、乳腺が硬くなり痛みも伴います。熱が高くなることもあるようです。

産後、おっぱいのトラブルが悩みとなってしまうことはよくあります。特に乳腺炎になってしまったママさんは、乳腺炎を繰り返し、その度に直接母乳をあげることができなかったり、母乳を中止しなければならなかったりと、産後〜卒乳までずっと悩みになるケースも少なくありません。

乳腺炎の原因のひとつに、自律神経が崩れることが挙げられています。休めるときはしっかり休んで、気持にゆとりを持って、ママ自身が自分の体も十分にいたわってあげることで、炎症が起こりにくい体にすることもできるようです。