産後の尿失禁とはについて

///

///

産後の尿失禁とは

産後,尿失禁

産後はゆるんだ骨盤底筋群などが回復していないため、くしゃみやちょっとした動きによって尿が漏れてしまうといった症状があります。産後1ヶ月ぐらいは尿失禁に悩まされる女性が多く、数ヶ月後には自然と治っている場合があります。

女性にとって尿失禁はとても深刻な問題でもあり、恥ずかしくて医師への相談もなかなか出来ないという人が多くいます。しかし産後にはよくある症状になっているため、恥ずかしい事ではありません。外出時などはナプキンを利用するなどの対応策をし、症状が軽減していくのを待つという事をしている女性が多くいます。

産後の尿失禁を改善する方法としては、骨盤底筋体操などを行い積極的に鍛えることが大切です。産後は身体も疲れやすくなっているため、無理に行うことはせず、自分の出来る範囲で行うことが大切です。

産後の尿失禁の症状は骨盤底筋体操を行うことで改善されますが、決して大変な運動ではなく、膣と肛門を5秒程度閉めるという動作を繰り返すように行います。寝ている体勢でも立っている時でも行えますので、毎日気軽に行うように心がけましょう。

この体操を毎日続ければ3ヶ月程で効果が出て、尿失禁の症状も自然と無くなります。産後直後は傷の痛みがあるため、尿失禁の骨盤低運動は傷が治ってから行うように注意しましょう。