産後の骨盤について

///

///

産後の骨盤

産後,骨盤

骨盤とは、仙骨・寛骨・尾骨からなる腸や子宮などを守るために包み込むような形をした骨です。妊娠中は骨盤が緩みやすくなっており、出産後には骨盤の緩みが最大になっています。3,000gほどもある赤ちゃんを出産するのですから、赤ちゃんが通る骨盤が広がってしまうのは仕方の無いことで、通常は日に日に元の状態へと戻っていきます。

しかし、中にはスムーズに骨盤の位置が戻らず開いたままになる人もいるようです。産後の骨盤の歪みや緩みはいつまでも美しくありたいという女性にとっては大敵です。

産後に骨盤が元の位置に戻ることができないなどのトラブルがあると肥満になりやすく、痩せにくい体になってしまいます。出産経験のある女性の大きなお尻の原因も、どうやらここにあるようです。

また、産後に開いたままの骨盤を放っておくと冷え症などのトラブルが発生することもあります。更には、骨盤が緩んだり、歪んだりすることで足が変形しO脚やX脚になることもあり、足が変形すると膝関節に負担がかかり膝に痛みが出ることもあるなど骨盤以外の部分にもトラブルが発生してきます。産後、骨盤の調子が悪いなと感じている人は骨盤矯正などを受けて正常な位置にもどしてあげると、さまざまなトラブルを解消することができるようです。