産後の骨盤の改善について

///

///

産後の骨盤の改善

産後の骨盤の改善

産後、開いたり、歪んだりしてしまった骨盤を何の手入れもせずそのまま放っておくことは女性の体にとって百害あって一利なしです。出産という大仕事を終えた骨盤は、リラキシンというホルモンの作用もあり仙腸関節や恥骨の結合が緩んだ状態になっています。産後すぐ〜6ヶ月くらいまではリラキシンの作用が残っているため骨盤は緩んだままになっています。産後6ヶ月を過ぎるあたりからリラキシンの分泌の低下とともに骨盤が安定してくるのですが、きちんと元の位置に戻っていないとさまざまなトラブルが残ったままになってしまいます。

骨盤の歪みや緩みが元で起こるトラブルを改善するのは、まだ骨盤の状態が安定していない、骨盤を動かしやすい時期から始める方が早く矯正の効果が現れてくるようです。骨盤矯正の施術は整体院などで受けることができます。しかし、産後まもなくまだ子どもが小さいこの時期には何度も通院をすることが難しく、骨盤のトラブルを感じていても治療に行けず体の不調が慢性化してしまう人が多いようです。骨盤に不快な症状があるが、通院が難しいという場合でもあきらめることはありません。骨盤を締めるタイプのベルトなどで骨盤を締めておくことで、緩んだ骨盤を元に戻すに効果を得ることができます。