産後の腱鞘炎とはについて

///

///

産後の腱鞘炎とは

産後の腱鞘炎とは

腱鞘炎とは腕や手などを長時間酷使することにより、神経圧迫が起きて腱鞘に炎症が起きてしまう症状を言います。パソコンの入力を長時間行ったりした場合に腱鞘炎になりやすくなっていますが、産後の女性にも多く見られます。

産後の女性は赤ちゃんを長時間抱っこし、おむつの交換や授乳などで普段より手首を酷使しているのです。日々重たくなっていく赤ちゃんを1日中抱っこし、首の据わっていない赤ちゃんをお風呂などに入れるのにも、手首には大きな負担がかかってしまうため、腱鞘炎の痛みが出てしまう人が多くいます。

腱鞘炎の症状としては、手首を動かすだけで痛みが走る、腕や肩全体がだるく感じる、しびれや腫れが伴うなどの症状が現れます。

産後に腱鞘炎になりやすい理由として、赤ちゃんを長時間抱っこしているという事以外に、女性ホルモンも関係してきます。このため産後の女性以外にも、更年期の女性に多く発症すると言われています。腱鞘炎は手首以外にも指や足首にも起こりうる症状のため、曲げ伸ばしの動作をして痛みを感じる場合や、カクっと音が鳴る場合は注意が必要です。

腱鞘炎になってしまった場合や少し痛みや腫れを感じる場合は、整形外科を受診し、症状の進行を抑えるようにしましょう。