産後の腱鞘炎を改善するについて

///

///

産後の腱鞘炎を改善する

産後,腱鞘炎,改善

産後は腱鞘炎で悩む女性は多くいますが、たとえ手首が痛くても赤ちゃんのお世話は毎日行う必要があります。

産後の腱鞘炎発症の原因としては、赤ちゃんを長時間抱っこしているという事が考えられますが、毎回同じ体勢での授乳も原因の1つになっています。妊娠が発覚してから出産後まで、あまり運動もしていないことから、運動不足が原因となり身体が凝り固まっている所に赤ちゃんのお世話で手首を酷使することも、腱鞘炎になる要因となっています。

産後に運動する事も不可能だと思いますので、手首をクルクル回したり、軽いマッサージを行い、なるべく負担がかからないようにしましょう。また授乳の体勢も毎回変えるといった事をすれば、腱鞘炎予防にもなります。

軽い腱鞘炎ならば消炎鎮痛剤や防止用のプロテクターなどで改善を行うようにし、マッサージを行うようにしましょう。赤ちゃんがいると鎮痛剤などの薬を服用する事も出来ず、病院へ通う事もなかなか出来ないでしょう。しかし腱鞘炎の痛みを耐えてそのままにしておくと、赤ちゃんを落としてしまうという事も考えられるため、自分で出来る改善法をする必要があります。

痛い部分をサポートし、授乳時に体重が手首にかからないような工夫をするなどして、産後の辛い時期を乗り越えましょう。