産後の尾てい骨の改善について

///

///

産後の尾てい骨の改善

産後,尾てい骨,改善

産後の尾てい骨の改善

出産時の骨盤の歪みによって、産後に尾てい骨の痛みを感じる人も多く、早めの改善が大切になってきます。出産後に骨盤の歪みを放置しておくと、尾てい骨の痛みだけではなく、腰が痛くて歩くのも苦痛になったり、体型が元に戻らない、肩が凝るなどの症状も現れます。

骨盤の矯正を行うことが、産後の尾てい骨の痛みを解消する一番早い方法になりますが、出産後2ヶ月ほどたってから行う方が良いでしょう。赤ちゃんが通る産道を緩くさせる女性ホルモンが、出産後2ヶ月は分泌されているため、この時期に骨盤矯正を行っても効果が出ないといわれているのです。

産後どうしても尾てい骨の痛みが気になる場合は、骨盤を固定させる専用のベルトやコルセットなどを使用し、正しい位置に戻してあげる手助けを行いましょう。尾てい骨の痛みは正しい姿勢をとることでも改善でき、歩き方に気をつけるだけでも効果があります。

カイロプラクティックなどに通院出来るようであれば、産後2ヶ月経ってから通院し、骨盤矯正を受けるようにしましょう。産後カイロプラクティックに通い、尾てい骨の痛みを改善する場合、数回にわたって矯正を行う事になりますが、早めに完治できるように正しい姿勢を保つように心がけましょう。