産後の鬱とはについて

///

///

産後の鬱とは

産後の鬱とは

出産を終えた後の赤ちゃんとの生活は、周りから見ればとても幸せな光景にうつるでしょう。しかし出産後の女性は体力の回復も出来ていない上に、慣れない育児や家事に追われ想像以上に疲れるものなのです。体力的にだけではなく、精神的にも不安定な産後は、鬱に陥る人も多くいるのが現状です。

よくマタニティブルーという言葉を耳にすると思いますが、この状態は鬱とは違い産後の生活に慣れず、気分が落ち込むということを言います。マタニティブルーは自然と治っていくものですが、治らないでそのまま鬱へとなってしまう人がいるのです。

産後の鬱の原因は女性ホルモンの分泌が考えられますが、生活環境や性格なども関係してきます。軽い鬱ならば自然と完治しますが、放っておくと重症化してしまい、虐待や育児放棄などに繋がるため、医師の診察を受けることをお勧めします。

産後鬱の予防としては、育児のストレスを溜めることなく家族同士で話し合い、バランスの取れた生活を送ることです。産後は外出もなかなか出来ませんが、家の中ででも身体を動かし、好きな音楽をかけると入ったことも予防策として効果的になっています。

鬱の症状としては涙もろくなったりと、感情のコントロールが難しくなってきます。産後の鬱は一人で抱え込まず、少しでも症状が気になるようであれば、誰かに相談するようにしましょう。

 

産後の鬱を改善する

産後の女性が鬱になるケースは以外と多く、育児の悩みや夜に眠れないなどの苦しい生活を送っている人も多くいます。お腹に赤ちゃんがいる時は楽しみにしていた育児が思った以上に大変、想像と違っていたなどの悩みから、鬱に陥る人もいます。鬱になると毎日の育児や家事が出来なくなり、放っておくと益々悪化してしまうため、早めの改善が大切になってきます。

産後の鬱はホルモンのバランスが崩れることも原因の1つになっていますが、豆を積極的に取ることで改善される事もあります。豆には女性ホルモンに似た成分が多く含まれているため、女性ホルモンの分泌を助け、元に戻す力があるのです。

産後の鬱に悩みを持っていても、病院へ行くのはちょっと抵抗があると言う人は多くいます。しかしそのままで居ても改善される事はないため、配偶者や両親、友人などに思いのままを話し、協力して貰うようにしましょう。身近な人に悩み事を言いにくいと言う人は、インターネットの掲示板やチャットなどを利用するのもお勧めです。

同じような年代で子育中の人は、同じような悩みを持っている為、親身になって相談に乗り、良いアドバイスを与えてくれます。産後の生活に悩んでいるのは自分だけでは無い事が分かれば、鬱の状態も良くなり、徐々に改善される場合があります。